交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

楽しく暮らすには

ビル

後遺障害の補償

 交通事故の後遺障害等級は14級からありますが、
近年、認定はかなり厳しくなっています。

 

交通事故の後遺障害認定を受けるための申請は
何度でもでき、一度で妥当な等級が認められることは稀で、
幾度も申請を繰り返すことが少なくありません。

 

一人で

審査はすべて書面でおこなわれます。
どんなに重傷でひどい後遺症が残っても、審査する側は被害者を目の当たりに
することはないため、書面だけ見て、認定を却下する材料を探すだけという現実があります。

 

何の知識もなく突然の事故で日常を奪われ、後遺障害を負った被害者が、
弁護士なしで個人で太刀打ちできる分野ではありません。

 

行く

後遺症を抱えていても、14級すら却下され、なんの補償も受けられないケースや、
重傷でも低い等級しか認定されないでいるケースは山ほどあります。

 

特に重傷の場合は、その後の人生が大きく狂わされたわけですから、妥当な補償を受けるべきです。
弁護士に依頼すれば、妥当な等級が認定される確率はかなり高まります。