交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

楽しく暮らすには

ビル

後遺症がある場合

交通事故によって後遺症を患ってしまった場合、
重要になるのはそれに対してどういった賠償金を
支払ってもらえるかということです。

 

もちろん完治することが最も重要であるとも言えるのですが、症状が固定してしまった場合には完治が見込めないケースが
少なくありません。

 

下手をするとその後一生、その症状と付き合っていかなくては
ならないのですから、賠償金の額をしっかり考えるというのは重要なことです。


ではこの後遺症に関して悩んでしまった、例えば賠償金の額が適切か分からない、
相手の意見が正しいのか分からないといった場合にはどうすれば良いのかと言うと、
一番良いのは弁護士に相談することです。

先生に相談

弁護士は交通事故に関する交渉事に関しても活躍しており、
特に後遺障害等級と呼ばれる後遺症の程度を示す等級を決定する上で
保険会社などと対等に渡り合える知識と技術があります。

 

実際のところ保険会社からすれば後遺障害等級は低い方が
賠償金も少なくて済むわけですから、意図的に本来の等級よりも
低く設定するケースが少なからず見られます。


向かう方向

そうしたことをされてしまうと正しい賠償金額が分からなくなりますから、
少しでも悩んだのであれば弁護士に相談しましょう。