交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

美しく暮らす

ビル

過失割合

弁護士が活躍するのは、保険会社が示談交渉に
関われない100%被害事故の時に、保険会社に
代わって示談交渉を行う事だけではありません。

 

例えば、事故相手と自分側の交通事故の状況が
全く食い違っている為、お互いの過失割合が明確にならず、
示談交渉が平行線の場合などは、弁護士を入れて
裁判の場で決着をつける方法があります。 

 

また、実際に訴訟までいかなくても、保険会社の提示する
過失割合に納得がいかないときなども、弁護士に相談する事が出来ます。

笑うために

自動車保険に特約を付けてあれば、この種の費用は保険で対応してくれます。
一般人は判例の詳細に関する知識はありません。


相手保険会社から言われるままに過失割合について合意し、一度示談してしまえば
後でこれをひっくり返す事は出来ません。

最後には

そのため、過失や事故対応に納得がいかない点があるなら、交通事故の
専門家に相談することで、適切なアドバイスがもらえますし、
保険会社や相手の主張が間違っているかどうかの客観的な判断も出来ます。

 

また慰謝料が増える可能性もあります。
初回の面談無料など利用しやすい弁護士事務所が増えているので、
一度相談してみる事をお勧めします。