交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

神戸に暮らす

ビル

保険会社

運悪く交通事故の被害者となってしまった場合、
事故によって被った損害(治療費や慰謝料)に対する
賠償金を加害者に請求することになります。

 

この際、損害賠償金について被害者と加害者が
直接交渉するわけではなく、被害者と加害者が加入している
保険会社によって交渉が行われます。

 

症状固定の診断がありますと、保険会社の担当者から損害賠償金の提示が行われます。


しかし、この金額は最低限度の補償である自賠責保険の基準または
自賠責保険基準に少し上乗せをした程度の任意保険の基準で
算出されたものであり、提示された金額に納得がいかない場合も少なくありません。

全く

そのような場合にはすぐに弁護士に相談したほうがよいでしょう。

弁護士はこれまでの裁判例などを根拠とする弁護士基準の計算方法で
交通事故の損害賠償金を算出してくれます。

自分から

この計算方法を用いると、自賠責保険や任意保険の基準で算出された金額よりも
倍以上の金額が算出され、被害者にとっては非常に有利な条件で交渉が可能となります。

 

このように交通事故の損害賠償金が保険会社から提示されて、
少しでも疑問を感じた時には弁護士に相談することが得策なのです。