交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

神戸に暮らす

ビル

弁護士交通事故トップページ

交通事故の被害に遭った場合には必ず警察に
連絡をする必要があります。


交通事故直後にたとえ痛みが無かったとしても、
決してその場で加害者と話し合いで済ませてはいけません。

 

後日痛みが発生することも良くありますが、警察に交通事故証明書を
発行してもらっていなければ、保険会社からの補償をしてもらうことも
出来なくなってしまいます。

依頼する

 

怪我の治療を始めたら弁護士に相談することをお薦めします。
怪我が完治する前に補償を打ち切られるといった場合でも、
弁護士が保険会社と交渉をすることによって、補償を継続出来る場合もあります。

 

くれるはず

また後遺障害が残ってしまった場合も、保険会社が認定した
後遺障害等級が適切であるか調査を行ってくれます。


後遺障害等級は損害賠償の金額に大きく影響することになりますので、
決して妥協してはいけません。既に後遺障害等級が認定されている場合や
自賠責保険によって該当しないと判断された場合でも、
弁護士に依頼すれば調査をしてもらえて、場合によっては異議申し立てを行ってくれます。