交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

楽しく暮らすには

ビル

後遺障害の補償

 交通事故の後遺障害等級は14級からありますが、
近年、認定はかなり厳しくなっています。

 

交通事故の後遺障害認定を受けるための申請は
何度でもでき、一度で妥当な等級が認められることは稀で、
幾度も申請を繰り返すことが少なくありません。

 

認定を受ける

審査はすべて書面でおこなわれます。
どんなに重傷でひどい後遺症が残っても、審査する側は被害者を目の当たりに
することはないため、書面だけ見て、認定を却下する材料を探すだけという現実があります。

保険会社に提出する同意書の内容は?提出は必須?

保険会社から同意書の提出を求められ、戸惑う方も多いようです。
一般的に、保険会社から提出するよう求められるのは、一括払い手続きに
ついての同意書、医療照会・医療調査についての同意書の2種類です。


義務ではないので出さなくても問題ありませんが、基本的に両方とも
提出しておいた方が、被害者にとってメリットが大きくなる場合が少なくありません。

 

まず、一括払い手続きについての同意書を提出することで、保険会社が
直接治療費を病院に払ってくれるメリットがあります。


診断書や診療報酬明細書などの情報を差し出すことで、保険会社も
どんな診療をいくらで行ったのか把握することができます。


自分で立て替えることもできますが、手持ちのお金がない時には大変不便です。

 

医療照会の同意書の方は、状況によっては提出することがマイナスに影響する可能性もあります。
例えば、この同意書を保険会社に出すことで、保険会社が治療費の打ち切り時期を
早めることもあるので、心配なときは専門家に相談し判断しましょう。


ただ、2種類の同意書をセットで提出するよう求められることもあるので、
必須ではないとは出さざるを得ない場合も多々あります。


いずれにしても、保険関連の手続きは複雑なので不安に感じた時はプロに相談するのが一番です。

一人では不利になることが多い

 

何の知識もなく突然の事故で日常を奪われ、後遺障害を負った被害者が、
弁護士なしで個人で太刀打ちできる分野ではありません。

 

ひどい

後遺症を抱えていても、14級すら却下され、なんの補償も受けられないケースや、
重傷でも低い等級しか認定されないでいるケースは山ほどあります。

 

特に重傷の場合は、その後の人生が大きく狂わされたわけですから、妥当な補償を受けるべきです。
弁護士に依頼すれば、妥当な等級が認定される確率はかなり高まります。