交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

神戸に暮らす

ビル

弁護士交通事故トラブル

神戸市内の自宅近所で自転車を運転しているときに
横断歩道内で 車に接触してしまいました。


交通事故に巻き込まれた経験が多いわけではないですが、
普段から 事故に巻き込まれていた時を想定して、
番号登録をしていた 神戸市内の弁護士事務所に
交通事故時の手続きについて 相談しました。

トラブル

今回の事故では車に乗っていた相手方が自分の非を認めていたので
トラブルに なりませんでしたが、相手によってはトラブルに発展する
可能性が あるので、法律の専門家である弁護士などに相談をするほうが
確実だといえます。

刑事ドラマで良く聞く実況見分|実際にはどのようなことが行われている?

実況見分とは、日本の警察官・検察官などの捜査機関が任意処分で行う検証のことを言います。
犯罪や事故が起きた場所における犯人、被害者、目撃者、その他の位置関係や
状況を明らかにする目的で実施されます。

実況見分については、日本の警察官が犯罪の捜査を行うに当たって
守るべき心構え、捜査の方法・手続き、その他操作に関しての
必要な事項を定める規則である、犯罪捜査規範104条に記されています。

実況見分の結果は、文章だけでなく図面や写真を添付して作成され、
実況見分調書として記録されます。

これは、公判における証拠として用いられる重要なものとなっています。
そのため、交通事故の場合はタイヤのブレーキ跡を測定したり
事故の当事者や目撃者から話を聞くこともあります。

万が一自分が事故の当事者になってしまった場合、当然のことながら
実況見分に立ち会わなければなりません。

もしそうなってしまった場合は、事実と異なった実況見分調書が
作成されないように、自分の意見や見聞きした事実をしっかりと
主張することがとても重要になってくるのです。

事故後のトラブル


交通事故の事故後のトラブルというのは実はけっこうあります。
交通事故の後処理は保険会社に任せっぱなしだとか、当事者同士での
話し合いで解決した、という人もたくさんおられるでしょう。


それはラッキーな場合です。
特に賠償金や慰謝料が発生するような場合には、どちらも自分の責任や負担を
減らしたいのは当然です。

 

そこで、明らかに加害者というような場合でもすんなりとは受け入れない
運転手が多いのだそうです。


金銭のやり取りが発生するような交通事故では、 相手が悪質な場合、
こちらに非がなくても泣き寝入りしなければ ならなくなることもあるので、
お金を掛けてでも弁護士に 助けてもらったほうが良いでしょう。


今回は弁護士事務所に手続き等を依頼した費用に関しても、治療費などとあわせて
事故の 相手側が費用を負担してくれました。


こうした全てのやり取りも弁護士を通して行うので、こちらがストレスを
感じる必要がないのも安心です。

 

相談

事故に合ったというだけでもストレスを感じる出来事です。
その上で煩雑な手続きや面倒な交渉事。
どんどんとストレスですよね。


できたら、こうしたことは忘れて治療や日常生活に専念したい。
そう思います。


依頼した弁護士は交通事故に関しての専門的な経験を積んでいるので
信頼をして業務を任せることが出来ました。