交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

神戸に暮らす

ビル

費用の相場

交通事故で弁護士に依頼する場合、費用はどのぐらい
かかるのだろう。このように思ってる方も
おられるかもしれませんが、ここではその平均相場について
ご紹介します。

費用

交通事故で弁護士に依頼した場合、大きく分けて二つの費用がかかります。

一つは、着手金と呼ばれるものです。これは、弁護士の初期の活動費用のことですが、
この費用の平均相場は20万円程度です。


もちろんこれは平均なので、これより高いとこもあれば、安いところもあり、
費用は事務所によって異なります。

 

もう一つの費用には、報酬金と呼ばれるものがあります。
これは文字通り、弁護士が挙げた成果について支払う費用のことです。
この費用の平均相場は、賠償金の増加分の10%程度となっています。

相場

少しややこしく感じるかもしれませんが、要するに、500万円の賠償額アップがあれば
その10%の金額、すなわち50万円が支払われることになります。

 

賠償額のアップの金額はケースバイケースですが、いずれにしても
金額の10%程度が報酬金になると覚えておきましょう。

家事労働はいくら?交通事故の被害者が主婦の場合の損害賠償

交通事故によって被害をこうむった場合には、一般にはケガの治療費や
病院へ通院のためにかかった交通費、診断書などの文書料、
通院を余儀なくされた期間に対応する慰謝料などを
加害者に対して請求できることになっています。

これらの費用は、加害者側が加入している自動車保険からの
保険金として支払われるのが通例で、診断書や交通事故証明書などの
根拠があれば比較的スムーズに手続きが進むはずですが、
やっかいなのが休業損害についてです。

会社勤めのサラリーマンが交通事故の被害に遭った場合には、
ケガにより休業すれば給料が減ってしまうのは明らかですので
その日数に応じた休業損害を損害賠償に含めることができます。

そして給料月額なども会社を通じて容易に証明できますが、
もしも被害者が主婦の場合には、家事労働分を正しく認めてもらえるかどうかがキーポイントです。

実は最高裁昭和50年7月8日判決では、事故にともなうケガで
家事に従事できなかった期間について、主婦にも財産上の損害が
認められると判示しています。

これを根拠にして、専業主婦であれば全女子労働者の平均賃金をもとに
具体的な賠償額を計算するのが現在では一般的です。