交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

楽しく暮らすには

ビル

示談交渉

交通事故により被害を受けた場合、通常はいきなり
金銭を請求するのではなく、当事者間で示談交渉を行い、
支払い金額について合意を形成します。

 

ここで合意がまとまれば、訴訟をする必要もないため、
当事者間にとってメリットがあります。

 

ただし、相手が相場通りの示談の形成に応じないケースも当然にあります。

信用

そうなれば、訴訟をするしかないようにも思えますが、弁護士に代理を
依頼することで、解決がなされることがあります。


訴訟になって自分の請求が認められれば、当然相場通りの支払いが通ります。

訴訟とは|第三者によって紛争を解決

交通事故の解決の際に示談交渉を弁護士に依頼するメリットは多いです。
ただ、弁護士は民間人なので交渉相手に支払いを強制させることができません。


その場合には訴訟になります。
訴訟とは、交通事故当事者の紛争に裁判所と言う第三者を関与させて、
争いを解決する方法になります。


訴訟では準備書面や証拠書類などを裁判所に提出して審理します。
さらに、必要に応じて人的証拠調べなどを行い判決と言う流れになります。


公的機関である裁判所が行う判決は強制力があるので、相手方は従う義務が出てきます。


判決に従わなければ逮捕されると言うことはないですが、給料を差し押さえたりして、
お金を相手方に回収されてしまうことがあります。


因みに、訴訟と言う言葉はさまざまなシーンで利用されますが、狭い意味においては
判決手続きのことのみを訴訟と言い、強制執行手続きなどとは区別されます。


また、交通事故で被害にあった場合に相手方にお金を払ってくださいと言う請求は
民事事件に分類されます。


交通事故が刑事事件に該当する場合もありますが、別に、相手に罪を償ってもらうことも
目的とした裁判が行われることになります。


交通事故の裁判は、国対犯罪をおかした疑いがある人で行われます。

難しい交渉はプロに任せる

弁護士が法的な見解や裁判実務に基づいて、このことを基に相手と交渉をすることで、
相手も無理筋は通らないことを理解し、相場通りの示談形成がなされる期待が持てるのです。

 

交通事故の被害者がこの主張を行っても、相手は信用をしませんが、
弁護士が言っているのであれば、納得をする場合も多いです。


したがって、交渉を弁護士に依頼することにはメリットがあります。

代理人