交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

楽しく暮らすには

ビル

着手金

交通事故の被害者になった場合、自分で保険会社と保険金の
交渉を行う事もできますが、その場合にはきちんとした
評価を保険会社が行わない場合があります。

 

交通事故の評価をきちんとしてもらうには弁護士を
間に入れて交渉してもらうという方法があります。

 

弁護士を依頼する場合には着手金が必要になります。
着手金とは弁護士に交通事故の案件を対応してもらうために
支払うお金で、最後に支払う報酬金とは異なります。

着手金

万が一弁護活動が失敗した時は報酬金の場合だと請求されませんが、
着手に関するお金の場合だと弁護活動に失敗した場合でも
返ってくる事はありません。

 

着手金の相場ですが、ほとんどの場合20万円程度と言われています。
支払い方法には法律事務所によりますが、ほとんどの場合現金一括払いです。

 

法律事務所によってはクレジットカード払いや信販会社のローンにも
対応している時もあるので、契約する前に弁護士に
十分確認しておく必要があります。

確認


信販会社とクレジットカード会社|定義とそれぞれの違い

弁護士に依頼するさいにお金が用意できない場合には
分割払いで対応することになります。


弁護士が分割で支払って良いというケースもありますが
大きい弁護士事務所になると、クレジットカード払いや信販会社のローンにも対応しています。

クレジットカード払いや信販会社のローンの違いとしては、クレジットカード払いの場合には
利用するためにはクレジットカードを持っている必要があります。

クレジットカードを利用するためには予め審査を受ける必要があり、
利用できる限度額も信用力によって変わりますし、サービスとして弁護士を利用した場合には
割賦販売という扱いになり適用される法律も異なります。

信販会社の場合には審査を行って、返済能力があると判断された場合に利用できるもので
クレジットカードを持っていなくても審査に通れば分割払いを利用できます。


こちらも割賦販売という扱いですが、規定としては信用販売と呼ばれるものになります。

 

利益形態にも違いがあり、クレジットカードでは加盟店が手数料を支払っているのに対して
信用会社のローンは分割払いによる手数料が利益になります。

このため利用する際には支払い総額に注意して利用するか決めることが大事です。