平和に解決したい交通事故

楽しく暮らすには

マナーを守る

脳梗塞

交通事故が原因で脳梗塞を起こした場合には
非常に大きな交通事故傷害となるものですが、
現実的には非常に難しい交渉が必要となります。


難しい交渉

その為、このような大きな障害を負う場合には
弁護士に相談する方が無難です。

脳梗塞は外的要因のほか、さまざまな要因で発症するものです。

その為、交通事故が原因で発症したということを
客観的に立証することが非常に重要です。


既往症であることを主張してくる場合が多いようです。

事故以前に高血圧の治療を行っていたかや、
血圧が高いなどの兆候を指摘してくることも少なくありません。

その為、事故に遭った直後には自覚症状が無くても
病院に通院し、医師の診断を受けておくことが必要になります。

医師の診断

この診断結果を取得しておくことで万が一発症した場合の
原因を特定する根拠となるばかりでなく、弁護士に依頼する
場合に於いても相手方に慰謝料を請求する
正当な根拠となり得るからです。