交通事故弁護士といえば兵庫県神戸にある私はあさひ法律事務所さんをおすすめします。

楽しく暮らすには

ビル

示談金

支払い

交通事故の処理として示談金が支払われることは非常に多いものの、
その額が妥当なものであるかどうかの判断はかなり難しいと言えます。

 

保険会社同士の交渉であればまだ対等と言えますが個人対保険会社、
個人対個人といった交渉の場合には示談金の相場をどちらか一方ないし
双方が理解できていないことが少なくありませんから、そこで支払われる額が
妥当かどうかは慎重に判断する必要があります。

保険会社の依頼で調査!交通事故調査会社とは

交通事故にあった時、加害者側の保険会社との間で、保険金の支払いに関して
打ち合わせをする必要があります。

しかし途中から、事故の詳細を調査する為に、保険会社が依頼した
交通事故調査会社が入ってくる事があります。


有名なのは「損害保険リサーチ」といった交通事故専門の調査を行っている民間の会社です。


保険会社は少しでも自分達が支払う金額を少なくする為に、
こうした交通事故調査会社に調査を依頼します。


交通事故調査会社の仕事内容は、主に現場の写真を撮影したり、
図面を作ったりして事故現場の調査等です。


また加害者と被害者の双方から聞き取り調査を行ったり、
警察から事故当時の状況や加害者の処分についても聞き取りを行います。


一見、第三者が公平に事故を調査してくれるのだから何も問題ないと、被害者側は安心してはいけません。


何故ならこの交通事故調査会社は中立的ではないからです。
調査会社は保険会社の委託を受けて調査を行い報酬を得ている為、
決して中立的な第三者機関ではないという事を認識しておくべきです。


こうした交通会社調査会社は、依頼を受けた保険会社に調査報告書を提出しますが、
被害者側には報告義務がありません。その為被害者側が何も言わなければ、
どのような報告をしたか教えてくれない事もあります。


こうした事を避ける為にも、調査に協力する場合は、事前に報告書を
開示してくれる事を確認しておくと良いです。


開示をしてくれない場合は、調査協力を拒否するという事も検討した方が良いです。


ただ拒否をしてしまうと、何かやましい事があるのではと思われてしまいますので、
よほどの事がない限り調査には協力した方が良いです。

誠意を持って対応しても妥当な額ではない場合


こうした際に「自身が受け取る額が妥当かどうか」というのを
判断するために依頼するべきとなるのが弁護士です。


弁護士は法律に関する紛争の解決を引きうける専門家であり、交通事故も
広義の意味での法律に関する紛争に含まれますから、弁護士はこうした交通事故の
示談金に関しても相談・解決を引きうけています。

 

過去の判例などを参考にして最も妥当であると考えられる額を提示してくれますから、
もし相手との交渉の中で疑問が生じた場合には、いち早く弁護士に相談することを心がけましょう。

お金