平和に解決したい交通事故

楽しく暮らすには

マナーを守る

スムーズに和解するために

普段から運転に気をつけていても、交通事故は起きることがあります。


警察を交えて現場検証が行われ、加害者と被害者の立場から
事故の状況や怪我や車の破損などについて説明し、
その後は慰謝料を巡って話し合いが始まります。

話し合い

しかし、加害者側から提示された賠償内容に納得がいかず、
裁判に発展するケースがあります。なるべくなら裁判は避けたいところです。


そんな場合は和解という方法があります。
これは当事者双方が譲歩し、争いをやめることに対して合意することです。


相手を直接説得することは大変ですが、交通事故 弁護士を通じて交渉すれば
スムーズに進めることが可能です。

話がまとまったら、交通事故 弁護士との話し合いで定められた金額を相手に支払います。
事故の内容や被害者の怪我の状況によって金額は異なります。


加害者になってしまった場合は相手に誠意をもって接するように心がけましょう。
被害者の場合も同じです。冷静に状況を見極め、相手の弁護士や保険会社の担当者に
きちんと説明できるようにしましょう。それが解決への第一歩です。


和解を弁護士に依頼するメリットとは?


交通事故を起こしたとき、多くの人が弁護士に依頼するか悩むと思います。
弁護士は法律や交渉のプロなので、難しい話し合いや手続きを任せることで
全てスムーズに解決してくれます。


特に交通事故の被害者となった場合、弁護士に依頼すると
最初に相手方から提示された金額よりもさらに高額な慰謝料を
獲得できる可能性もあります。


これは大きなメリットといえるでしょう。

しかし、反対にデメリットも存在します。交通事故の案件を
取り扱ったことのない人が担当になることがあります。


事前に過去の実績などを確認しておくと安心です。


聞いておく
また、依頼費用が少し高額です。これは被害者が加入している任意保険に
特約が付いていると負担を減らすことができます。


任意保険の詳しい内容についても理解しておく必要がありそうですね。

交通事故はいつ、どこで起こるか分かりません。慌てずに済むよう
知識やスムーズな解決方法を身に付けておきたいですね。